われわれ言語聴覚士は以下の問題に対して、それぞれの施設で専門的に支援いたします。県下各施設の対象障害を参照の上ご相談下さい。

・ことばの問題ことばの問題イメージ
脳損傷の後遺症としての失語症やことばの発達の遅れ(言語発達遅滞)によって、ことばが出てこなかったり、言い間違えたりします。また、ことばや文字の理解ができなかっり、読み書きなどにも障害が起こります








・聞こえの問題 聴覚に障害が起こることにより、ことばや様々な音が聞こえなかったり、聞き難くなったりします
(難聴)子供の場合は、ことばに遅れが起こることもあります。
聞こえの問題イメージ
















・発音や声、話のなめらかさの問題 
発音が不正確になり不明瞭になることを、構音障害(運動障害性・機能性)と呼び、脳損傷の後遺症、聴覚の障害、脳性麻痺や口蓋裂などによって起こります。 声が出なくなったり声の質が悪くなったりすること発声や声の問題イメージ音声障害と呼び、脳損傷の後遺症や不適切な発声習慣により起こります。
話のなめらかさの問題は、ことばの一部を繰り返すなどの吃音のほか
脳損傷の後遺症などでも起こります




















・食べることの問題
 食べ物や飲み物などを、うまく飲みこめなかったり、むせてしまうことを、摂食・嚥下(えんげ)障害と呼び、脳損傷の後遺症や脳性麻痺などで起こります。
食べる問題イメージ

















言語聴覚士は 医療・福祉・教育の分野で訓練や指導等を行っています
訓練や指導の流れはケースによって様々です。                
ここでは、【成人・失語症の場合】と【小児・難聴の場合】の一例を示します。

【成人・失語症の場合】
 病院に入院 リハビリ専門病院に転院 老人保健施設に入所 自宅へ
治療イメージ  継続イメージ  継続更にイメージ利用者イメージ


【小児・難聴の場合】
 
病院を受診  医療機関・教育機関・福祉機関へ通所
聴力検査イメージ 継続イメージ  子どもイメージ